• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2010.02.01
  • 二十分間耐久文章書き耐久テストやってみた。

    こう寒くちゃ指がかじかんでタイピングできないよ!
    が二月の標語になりつつある管理人富士本です、こんばんわ。

    度々お世話になっている猪間氏の知り合いのMK2氏発案の遊びに管理人も乗っかってみました。
    結果は以下の通り。

    血の味がする。
    口の中を切ったのは明確だがこんなにもはっきりと血の味を感じたのはこれが初めてのことだった。
    乾いた地面に転んだ俺の上に黒い影が差す。
    その影はひどく小さく、そして震えていた。
    「あんた……最低……」
    それだけを口にして影は去った。
    俺は立ち上がりながら呟いた。
    「んなことは俺が一番よくしってるよ」
    何故こんなことになったのか、順を追って説明しようと思う。
    一週間前、俺は最近はやりのゲリラ豪雨とやらに遭遇してびしょぬれになりながら家路を急いだ。
    自宅から遠い学校を選んだことをこれほど恨んだことは無い。
    もはや走ったところで全身びしょぬれなのだが、人間不思議なもので雨に打たれていると自然と足が速くなるようだ。
    俺が自宅の傍にある公園に差し掛かると、雨で曇った視界の中に一人の少女がいた。
    そんなものは無視するのに限るのだが、このときの俺は何を思ったのか足を止めてその少女を凝視した。
    同い年ぐらいのはずなのだが正直自信がなかった。
    なぜなら少女の髪はブロンドで、瞳は青かった。
    日本人は外国にいくと幼くみられるというが、外国人が日本に来た場合はどうなるのだろう。
    華奢な体は真っ白のワンピースだけに覆われ、張り付いた布地が露骨に少女の体型を浮き彫りにする。
    外国人のパツキンのお姉様はみんな日本人じゃ持てないような豊満なナイスバディばかりだと冗談半分本気半分で信じていた俺にはその少女はひどく儚く見えた。
    雨が顔を叩くのもお構いなしに少女は灰色の空をまるで射殺すように見上げていた。
    なんとなく俺も視線のほうが気になって見上げるが何もなかった。
    むしろ雨粒が目に入って正直目を開けていられない。
    よくこんな中身じろぎもせずに上を見ていられるなと思って視線を戻すと、目の前に真っ青な瞳が踊っていた。
    それは晴れ渡った夏の空よりずっと青く遠く澄み切った目だった。
    少女の吐息を感じるほどの距離。
    俺はその幻想的な光景に欲情するよりも魅入られてしまった。
    ああ、これが美しいってことなんだな。
    そんなことをぼんやりと考えていると、ドスっという音と共に腹部に激痛が走った。
    俺は一連の流れが全て突然すぎて声を上げることもできずにうずくまった。
    「こ……おお……こおお……」
    「何ジロジロ見てんのよ、変態」
    俺が反論できないことをいいように少女はその儚さからは想像もできないような言葉を吐き続けた。
    「どこの誰がいつ私をガン見する権利をあんたに与えたわけ? しかもびしょぬれで下着浮いてる姿を。あんたここに誰かきたらどうなるかわかるわよね? 私が大きな声でHelp Me~とかいったらどうなるか。あんた犯罪者よ?」

    みなさんの作品を見る限り結構雑記感が強い文章を書いてらっしゃったけども、
    雑記は5分で破綻したので物語風に書いてみた。
    書くにあたり一箇所だけずるをしており、
    最初の文章だけ過去のネタ帳から引っ張ってきた。
    まあそのあとは思いついたネタをダラダラ書き進めただけで
    オチの類はありません。
    他の作品と見比べて管理人が一番驚いたのは
    「みんなタイピングはええなあ……」ということ。
    管理人は癖で。までくると改行してしまうので長そうに見えて実はすげえ短いです。
    文字数にして1000ちょっとだった。
    確かに面白い遊びだった。
    ただ管理人は性根が腐ってるせいか気分転換にはあんまりならなかった。
    効用には個人差があるようです。

    知り合いの絵師さんは一ヶ月に一回ぐらい絵オフなるものをしているらしく、
    カラオケなど大勢が押しかけられるところで
    テーマ決めて全員がそれぞれ絵を描き見せ合うってやつらしい。
    なんか部活みたいで面白そうだなーと思ってたけど
    この20分耐久使えば文章書き集めてできるんじゃね?とか思った。
    管理人はこういう飲み会の幹事みたいなのめんどくさい苦手なので
    だれか主催してください。ひょこひょこついてきます。

    あと告知。
    2/14のコミティア91受かりました。
    スペースは は-24B です。
    なんか最近やたらとチョコ売り場が拡大されていますが
    2/14はコミティア91の開催日であって決して何か特別な日ではないので
    皆さんお菓子業界に踊らされないようにしましょう。
    あ、ちなみにコミティア当日チョコの差し入れは大歓迎です。
    ただし管理人内部で大誤解と大脳内補完が行われますのであらかじめご了承ください。

    ではではそんなわけで、決して聖なる日じゃない普通の日曜日に東京でお会いしましょうノシノシ
    スポンサーサイト
    次回参加イベント
    プロフィール

    富士本 球

    Author:富士本 球
    つれづれなるままに小説を書いてる生き物です。

    ツイッター
    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    作品

    下記ショップ様にて販売中 D-STAGE

    式神 第一章 傀儡 式神 第一章 傀儡
    式神 第二章 蠱毒 式神 第二章 蠱毒
    式神 第三章 魔導書 式神 第三章 魔導書
    式神 第四章 鬼姫 式神 第四章 鬼姫
    式神 第五章 逢魔 式神 第五章 逢魔
    式神 第五章 逢魔 式神 第六章 凛

    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。